no-image

宿題を楽しく一瞬で終わらせる・集中力が○倍増す方法【ストップウォッチ】

今では子供も中学3年生と中学1年生になり独自に勉強をしていますが、小学生低学年の時はとにかく宿題をやらず、やってもダラダラ遊びながらの日が続いていました。

長女は比較的真面目だったのですが、リビングで宿題をしていた為マイペースな妹につられて中々宿題が終わらない状態。

また、こちらも宿題を把握していない事があり、朝学校に行く前にやり残していた宿題をやっている姿もしばしば見かけ…。

遊び中心の保育園で遊び放題育ってきたせいか、小学校入学当初は勉強に対する意識がかなり低かったと思います。

でも、これからご紹介する方法で宿題をさせると、「どんな子」でも、「一瞬で」宿題を終わらせる事が可能です。

ストップウォッチを使って宿題をやらせない!制限する

宿題を持ってリビングに集合。

ストップウォッチで宿題5分間、よ〜いスタート!5分やったら1分休憩、1分たったらまたスタート!を繰り返し、ゲーム感覚で宿題をしました。

まずは集中力を高める事が必要だと思いました。

そこで考えたのが5分間宿題に集中して休憩、の繰り返しをゲーム感覚で行う事です。

「よ〜い、スタート!」で宿題を開始。カウントダウンしたりしながら準備態勢、スタートがかかるまで姿勢を正し、大きい声でスタートと私が言うまで宿題はやっちゃダメなのです。

今か今かとワクワクソワソワしながら待つ子供達。

そして「スタート!」と共に凄まじい集中力で黙々と宿題にとりかかる子供達の姿は今までと見違えるほどでした。

休憩タイムは飲み物を飲んだり会話をする時間で、宿題はやっちゃダメというメリハリも効いたのだと思います。

決められた時間の中でいかに努力して宿題を終わらせるかを競いましたが、もちろん早く終わらせたくて字が汚なかったり計算が間違っていたらやり直しです。

「やってはいけない」というと「やりたがる」逆転の方法

このゲームを通じて、集中して取り組む力がつきました。

長い時間の集中は続かないのであえて5分にした事で、気がそれず勉強に向き合う姿勢ができたと思います。

しばらく続けると宿題の習慣もついてきたので宿題ゲームは終了にしましたが、楽しみながらできたのも良かったです。

おそらくどんな子でも効果的な方法だと思います。

我が家は姉妹だから、競い合ったり同じ事に集中するので成功したのかもしれませんが、子供はゲームがだいすきです。

親が楽しみながら行えば親子のコミュニケーションもとれていいと思います。

試してみる価値ありますよ!

あわせて読みたい▼